2013年06月19日

娘夫婦がモンゴルへ行くので

娘婿がモンゴルの日本大使館の料理を担当することになったので、埼玉の三郷のマンションを引き払って7月1日に赴任することになった。

今まで大変お世話になった方をお招きして私のお寿司を召し上がっていただくことになった。皆さんは日曜日が空いているので私が娘宅に出かけてお寿司をお作りしてあげた。以前から約束していたけれど日本をしばらく離れるので日程の都合上6/16の日曜日の夜に来ていただいた。皆さん大いに喜んでくれて私の肩の荷が降りた。

一日目

夜集まってもらう前に私は時間があるので一人で東京に出かけた。NHK日曜美術館で放送されたファインバーグコレクション展「江戸絵画の奇跡」は両国で、上野へは東京都美術館のダビンチ展を見に行った。

両国は初めて行くがさすが国技館があるだけあって雰囲気は相撲一色。国技館の隣に江戸博物館があり長い長いエスカレーターを一気に6階まで上がったところに大江戸博物館があった。
025.jpg

そこは江戸時代の江戸の人々の暮らしや町並み、大名や庶民など様々な様子を再現してありとても面白かった。
009.jpg020.jpg022.jpg023.jpg024.jpg002.jpg004.jpg

追記 NHK・爆笑問題の《探検バクモン》で土曜日6/22に「江戸東京博物館」が放送されていた。それを見てからならもっといろいろ見方も違っていたかも。私の見るTV番組はほとんどNHKなのでNHKの番組に影響されることが大変多い。HDD内蔵TV(日立WOOO液晶又はプラズマ)が各部屋に5個もあるので録るのに苦労はしない。だからビデオで見ることが多い

ファインバーグコレクション展は一階で開催されていた。ファインバーグさんはまだ日本では見向きもされていなかった若冲を陽の当たる世界に出してあげたり、多くの埋もれた芸術家や作品をコツコツ収集されて日本美術を世界に知らしめたりして、その功績は日本芸術にとって計り知れない恩恵がありとても感謝するところだ。幾度か拝見したことがある作品もあったが初めて見るものがほとんどで全く目を見張る思いがした。

両国を後にして上野公園へ。朝は雨が降っていたが幸いに止んだので、娘がお弁当を作ってくれたので公園で腰掛けて食べた。
ダビンチ展はダビンチが描いた絵画はほんの少しであとは関連した人の絵やコピーの書ばかりで少しがっかりした。

西郷さん久しぶり
027.jpg

そのあとアメ横へ行きナッツ類が7袋1000円なので買って帰った。娘に帰って見せたらあまり安いのでびっくりしていた。そして夜はお寿司を作って10時頃まで話が弾んでとても楽しかった。私は滅多に缶ビールを3缶も飲まないのについつい飲んだ。皆さんはウイスキーやそれぞれお好みのものを飲んでいた。

二日目

今日は一人で、これもまたNHKで紹介されていた今東京の公園が熱いということで、どこに行こうかネットで調べて等々力渓谷と浜離宮、清澄庭園へ行くことにした。

ネットで電車の乗り継ぎを調べて手帳に書いて出かけた。娘と出かける時は娘任せだけれど一人だと娘に乗り継ぎを書いてもらっていた。しかしようやく慣れて一人で調べて行けるようになったら娘たちは日本からいなくなる。これで泊まるところも無くなるからしばらくは来週引越ししたら東京へは行くことがないだろう。

等々力渓谷は少し遠いがいくつか乗り継いで無事にたどり着いた。
CIMG0988.jpg道路に道しるべ

長さ1kmほどの小さな渓谷だけど「NHKの小さな旅」で紹介されて興味があった。都会のささやかなオアシスを守り続ける人や魅せられる人が紹介されて私も自分の足で歩いてみたくなった。
CIMG0997.jpgCIMG1002.jpgCIMG0990.jpgCIMG0992.jpg
日本中の山を歩いている私からすると本当にささやかだけど、それでも何かほっとさせられるものを感じた。
結構大勢の人が訪れていたのにはビックリした。

次はまたも電車を乗り継いで浜離宮へやってきた。ここは以前から来たいと思っていたので念願かなった。そして多分NHKのタモリと私の好きな久保田祐佳アナウンサーの「ブラタモリ」で紹介されていたはずだ。
ちなみに久保田祐佳アナウンサーの最近の番組は突撃アットホーム。けっこう面白いCIMG1012.jpgすぐ近くの大都会のビル群
高いビルに囲まれた江戸の将軍家の名残の公園だが広い敷地に池や鴨場、松や様々な植物などが配置されて心落ち着く公園だった。皆さん三々五々のんびり昼ごはんを食べたり散策をしたリして楽しんでいた。CIMG1025.jpgCIMG1029.jpgCIMG1030.jpgCIMG1035.jpgCIMG1037.jpg

新橋駅に戻る前に昼ごはんを食べて清澄庭園へ向かった。
今日は朝から強い日差しでうっかり帽子を車の中に置いて来たから暑くて大変だった。すっかり日に焼けてしまった。
CIMG1048.jpgCIMG1059.jpgCIMG1065.jpgCIMG1041.jpgCIMG1042.jpg

花菖蒲が植わっていたりここも落ち着ける憩いの場だった。三菱の岩崎家が寄贈したと案内に書かれてあったがすごいことだ。稼ぐのも上手いが世の中に還元するのもスケールが違う。CIMG1054.JPGCIMG1070.jpgCIMG1092.jpgCIMG1090.jpgCIMG1095.jpgCIMG1102.jpgCIMG1104.jpgCIMG1107.jpg

山登りと違って美術館巡りや公園めぐりは結構くたびれる。
三つ歩いてくたびれたので三郷へけ帰って来た。
婿は土曜日で今までの職場の仕事を終えて2週間ほどお休みだがそれでもモンゴルでのいろいろのこととか、今までの後片付けとか忙しそうだ。娘も何だかんだ忙しくて私となかなか遊んでくれない。
夕御飯まで家で帰ってくるのを待って一緒に食事をした。

三日目

午前は買い物に車で出かけて、昼から一人で大掃除の手伝い。
結構汗びっしょりになってくたびれた。
二人は用事を済ませて夕方帰って来た。夕飯は外食して夜中に浜松まで帰って来た。来週は月曜日に引越しなのでまた三郷に行く。
次第にモンゴル行が近づいてきた。

今朝(6/19)浜松へ無事に着いた。店は結構忙しかったようで申し訳なかった。
posted by 雲渓 at 11:51| Comment(0) | 美術鑑賞と近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

早いもので6月になっていました

大好きな私の誕生月が終わり早いもので6月になっていた。

浜松クリエートで恒例の浜松美術協会展に出かけて日本画家竹内雅明さんの素晴らしい作品を拝見してきた。浮き出てくるような不思議な桜の絵だった。5月21日は南区の画廊「紫苑」でこれも恒例の絵画、書、ガラス工芸展にて鑑賞してきた。栗原幸彦さんの日本画が市場価額より随分お値打ちだったので思わず手に入れた。
27日は浜松駅そばの遠鉄百貨店新館の大絵画展に出かけて無料にて素晴らしい有名作家の絵を鑑賞してきた。名前が有名というだけで目の玉が飛び出るくらいの値段がつけられていて、とても私のようなものには手が届かないと実感した。主催者の業者さんや会場を提供している百貨店へのマージンがすごいのでしょう。

遠鉄百貨店新館へはバスに乗って出かけた。浜松でバスに乗るのも久しぶりでパスをかざして乗るのも初めてでちょっとドギマギした。娘のいる三郷では東京へ出るときなどスイカでJRも地下鉄も利用しているが浜松では初めての体験。また遠鉄百貨店新館が出来て何年経つか知らないが入るのは初めて。家内居ればきっと出かけることも多かったはずだが今の私ではあまり用事がない。

遠鉄百貨店新館8階から見た浜松駅周辺
CIMG0854.jpg

絵画展では写真を撮れないので入口だけパチリ。
CIMG0855.jpg

5月は毎週山へ行っていたが30日の定休日は雨時々曇と天気予報では言っていたので畑に出て農作業。たまたま種子島から安納芋の苗が届いたので畝作りの準備は出来ていたので植えた。
031.jpg
安納芋(あんのんいも)の苗を30本、畝が余ったので東金時(あずまきんとき)の苗を買ってきて15本植えた。
別の苗床に種を蒔いていたのが植えどきになったので、前の日はピーナッツ(落花生)、例年のようにかんぴょうも二畝植えた。春菊が綺麗なのでついつい抜かずにいる。
027.jpg025.jpg

藍とツルムラサキは種がこぼれて自然に目が出る。

きゅうり、なす、とまと、ニガウリはもうだいぶ前に植えたので大きくなってきている。

花の種も蒔いてだいぶ経つので移植した。
007.jpg

孫が蒔いたヘチマが大きくなってきたので店の前に植えた。

リサイクル業者が来て冷蔵庫3個、TV3個、洗濯機など息子と出したり、いっぺんにいろいろやりすぎて
腰が痛くなってしまった。困った困った。リサイクル料2万円ほど払って引き取ってもらった。来てもらったので楽チンだけどそれでも家から出すのに重い思いをしたから腰にきたのだろう。それとプランターなども重いのをいくつか移動したし。

001.jpgトカゲの交尾
こんなのは初めて見る。我が家の駐車場にて。動画も録ったけど失敗だった。残念。

いま我が家では5種類ほどの紫陽花が咲いている。
CIMG0837.jpgアマリリス
017.jpgCIMG0843.jpg

私は俳句同人誌「羅」の同人だが77号に私の俳句がホームページに掲載されていると主宰者が知らせてくれた。過日、大戦の忘れ物、アメリカ軍の艦砲射撃の不発弾が見つかって大掛かりな除去作業が行われた時のことを俳句に詠んだ。私は終戦の次の年に生まれて随分年月が過ぎたが、いつまでもこういうことで大戦をわすれようとしても忘れることが出来ないようなのだ。
http://www.ranokai.jp/works.html

近況報告でした。


ラベル:美術館巡り
posted by 雲渓 at 16:05| Comment(0) | 美術鑑賞と近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。