2012年12月13日

NHKBSプレミアム日本縦断こころ旅

今週こそ山に登るぞと意気込んでみたものの、結局毎日家に居て仕事をしながらのんびり過ごしました。

連ちゃんで娘が遠い埼玉から新幹線で手伝いに来てくれていましたが、今週は私が山に登りがてら車で送って行こうと張り切っていました。息子に許可を貰う為にそのように言ったら快い返事ではなかったので変だなと思っていました。予定表を見たらしっかり予約が平日でも入っていました。最近は息子達にまかせっきりで予定は息子の指示で私は動くだけ。凄く良い身分になって居ります。

なかなか山にいけなくてうずうずしていました。そしてカテーテルの手術をしなくて済んだので山に行けるぞと喜び勇んでいました。と言うことで行けなくなって娘も新幹線で帰ってもらいました。

帰った娘の言う事には「お父さん!山にいかなくてよかったよ。こちらの山は凄い雪だよ」
なるほどあちらこちらで吹雪いて遭難騒ぎ。私の目指した山もきっと寒波で大変だった事でしょう。

南アルプスの仙丈ケ岳では浜松の兄弟が遭難して亡くなりました。我が家から近くの方です。心からお悔やみ申し上げます。

俳句のお仲間と先生にも、編集を携わっている私は山に行くということで締め切りをのばしていただいていましたが、心配をおかけしました。事情をお話したら皆さんに安心していただきました。

NHKこころ旅

話は変わりますがNHKBSプレミアムで「日本縦断こころ旅」が毎日放送されているのをご存知の方も多いと思います。日野正平さんが自転車で全国を縦断されている番組です。茶目っ気のある正平さんが必死に自転車を漕いで頑張って姿に心打たれます。
その正平さん一行がとうとう私の生まれ故郷大分県佐賀関町にやって来ました。
http://www.nhk.or.jp/kokorotabi-blog/400/140512.html#comment

佐賀関を中学1年まで過ごして静岡県に引越ししてきましたが、子供の頃毎日のように日航佐賀関の大煙突を眺めて過ごしました。新婚旅行には私の故郷を知ってほしいのと、祖父母に家内を逢わせたくて佐賀関に行きました。
その時の41年前の写真をアルバムからはがしてスキャンして載せました。
佐賀関新婚旅行302 1.jpg今は亡き家内と祖父母

佐賀関新婚旅行302 2.jpg大煙突を背景に私と家内

佐賀関新婚旅行302 3.jpg大煙突を背景に家内と祖父

佐賀関新婚旅行302 4.jpg佐賀関漁港と家内

嬉しくてつい一昨日と今日、応援メッセージを投稿しました。
以前も北海道の野付半島にやってきた時に、家内との思い出深い地なのでこのブログに載せたことがあるので覚えている方もおいでかも。
日曜日に全てが放送されます。楽しみです。是非皆さんもご覧になってください。
posted by 雲渓 at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

台風17号と中秋の名月


登山:夫婦で登る百名山ブログはこちらでお願い致します。
http://hyakumeizan2345.seesaa.net/

台風17号があっという間に走り去っていった。豊橋近くに上陸したそうだが、我が家は猛烈な風にさらされたが建物への被害が無く何よりだった。花は秋の花が盛りだったが無残な姿をさらしてしまった。
今年は6月に続いて2度も被害をもたらした。

息子は宴会がキャンセルにならないか心配だったが、法事と女性の宴会がお昼だったので無事にこなせてホッとしていた。ラッキーラッキー。

夜は閉店して、夕方6時40分ごろ停電になり食事をとった後なのでそれぞれ部屋に戻り寝ることにした。

私は1時ごろ目覚めたのでラジオをつけたら東北へ去って行った後だった。
外に出てみたら満月が綺麗だったので三脚を立て写真に撮った。
DSC01126.JPGDSC01133.JPGDSC01136.JPGDSC01137.JPG

ユーチューブに動画もアップしました。虫の声と満月をご覧ください
http://www.youtube.com/watch?v=hReDR2_ujME&list=UU1dQjF1IAxYBLnKKPN7tU6w&index=1&feature=plcp


三脚を立てなかったので月が動いています。
http://www.youtube.com/watch?v=Jg73RYbDjxU&list=UU1dQjF1IAxYBLnKKPN7tU6w&index=2&feature=plcp

部屋に戻りベッドでラジオを聴いていたら、何年か前イラクで亡くなったジャーナリストの橋田信介さんの奥さんのインタビューの再放送をしていたので耳をそば立てた。

憎しみの連鎖を断つという題のインタビューは心にしみるものだった。当時は大変反響を呼んで私も感心を持ったものだ。目を怪我をしたイラクの子供の為に、行った先で被害にあわれて帰らぬ人になった信介さんの遺志を継いで、その子供の目の治療してあげた感動の話は記憶があることと思う。

当時イラク人は日本人に好意的だったが、自衛隊を派遣してから日本人を嫌いになって行ったらしかった。そのような中でその子の治療をしたばかりか、多くに寄付金で医者を育てたり、孤児院を建てたり橋田夫人の献身的な努力でイラク人の日本人への気持ちも柔らで感謝されていったとも言う。

そして信介さんを殺害した犯人も名乗り出て謝ったらしい。アメリカ人を殺害するはずが誤って橋田さんたちを殺してしまい申し訳なかったと。でも何故自分の夫を殺されて憎いはずのイラク人をこれほど助けるのかとイラクでは不思議に思われたそうだ。なぜならアラブの人たちはやられたらやり返すというのが当たり前のことなのだ。

それではいつまで経っても憎しみの連鎖は止められず、憎しみの連鎖を断たねばと思ったと言っていた。
それ以来心が通い合う多くの友がイラクで出来た喜びを語っていた。

戦争は政治家がやり始めて犠牲になるのは一般市民ばかり。世界から真の平和がやってくるのを願っているとも言っていた。

先日の私の日記でも宗教と戦争のことを書いたが、為政者は宗教を利用して戦争や政治をやる。宗教は本来人を幸せにするものだが、それを利用する輩が居るのも事実だ。日本の戦前も神道を戦争に利用して多くの犠牲者を出したばかりか、近隣諸国をも巻き込んで大変な迷惑をかけてしまった。こんな事を言ったら非難されるかも知れないが、戦前の中国で日本の軍隊がしたことを思うと先日のデモで暴徒化したことなんて可愛いものだ。もちろん暴力はいけないが、考えてみると日本も長い間平和で本当にありがたい。永久に続いて欲しいものだ。NHKで吉田茂を放送しているが、彼の二度と日本から戦争をしないための命がけの政治家が居た事を思い起こして欲しい。

橋田幸子さんのお話から取り留めのない事を書いてしまった。
posted by 雲渓 at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

明日は中秋の名月というけれど

明日は(10/30)中秋の名月。でも強烈な台風17号が接近していて日本列島を横断しそうな気配だ。という事は名月も見られないかも。たまたま昨夜月下美人が咲いたので写真に撮っていたら、月も綺麗なのでコスモスの背景に月を入れて写真を撮った。
CIMG9119.JPGCIMG9124.JPGCIMG9127.JPGCIMG9128.JPGCIMG9113.JPG

地球では俺の領土だわが国の領土だとかしましい事この上ない。地球上で何が起きようと変わらず周期で満ち欠けを繰り返す月をゆっくり鑑賞してみませんか。

また人々の幸福の為にあるはずの宗教が戦争ばかり巻き起こすこの愚かさ。本当に人間って何時まで経っても愚かなんだろう。何の為の宗教なんだろう。好戦的な宗教で多くの人たちが死んだり傷ついたり。本末転倒とはこのことだ。
CIMG9105.JPG
スイフヨウも今年の6月の台風で痛めつけられて花つきが悪いが最近ようやく咲き出した。

CIMG9136.JPG
色違いのマンジュシャゲも何時もは秋分の日に合わせて咲くのに今年は今頃やっと咲きだした。今年は本当に暑かったから植物も大変だ。

ブーゲンビリアも昨年はたくさん咲いたのに何故か今年は申し訳程度に咲き始めた。
CIMG9139.JPG

CIMG9145.JPG
北と西の方角は台風の雲で怪しい感じ。

CIMG9148.JPG
オシロイバナは植えてないのにあちらこちらで満開だ。赤やピンクが綺麗。

東の方角の駐車場のお隣さんとの境のコスモスが綺麗だが、台風でやられたら今日までの命かな。
CIMG9153.JPG

CIMG9155.JPGCIMG9156.JPG
息子が知ってか知らずかススキを取ってきて活けてくれた。なっかなかやるワイ。家内も天国で喜んでくれるだろう。(因みに花瓶は二つとも私の作品)きっと今日のお客さんも名月の雰囲気を感じてくれただろう。

という訳で今日の月は雲に隠れて見えない。明日は見えるだろうか。一足お先の名月感傷?報告。


posted by 雲渓 at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。