2013年07月22日

我が家の小動物たちと、いよいよ明日モンゴルへ向け出発

いよいよ明日出発。

心臓の半年に一度の定期検診に行ったり、月に一度の糖尿病の定期検査に行ったり、娘に頼まれたものを購入したりほぼ準備は着々。

孫が毎日のようにとってきた獲物で我が家の小動物たちは賑やかいことといったら。
メダカ、フナ、コイ、ナマズ、ウナギ、オイカワなどは全て今年生まれた子。その他川ガニ、ヒバカリという可愛い蛇や、ナマズの結構大きくなったのとか、イシガメ、挙げ句の果てはモグラまで。

残念ながらナマズとモグラは死んでしまった。死ぬから逃がしてやればいいのに嫌だと言って聞かない。やっぱり死んでしまった。イシガメは結構大きいけれど一旦は逃げてどこへ行ってしまったのかと思ったら用水路にいてまた捕まってしまった。車に轢かれなくてよかったよかった。というわけで写真をオープン。
CIMG1372.jpgCIMG1494.jpgCIMG1497.jpgCIMG1500.jpgDSC03783.jpgDSC03788.jpgDSC03791.jpg得意顔の孫
CIMG1363.jpg
CIMG1516.jpgCIMG1517.jpg赤いのはジャンボタニシの卵
直径5cm以上もあるようなジャンボタニシ。あれよあれよという間に赤い卵をところかまわず産んでいる。
田んぼの害虫として恐れられているのがいつの間にか勢力を伸ばして静岡県にも住み着いているようだ。ついこの間まで中国地方や四国で大量発生と報じられていたと思うのだが。

我が家の花はコオニユリCIMG1375.jpgCIMG1503.jpg
浜木綿CIMG1512.jpg
CIMG1513.jpg

日々草がだいぶ咲き出したCIMG1514.jpg
もちろんあさがおはあちらこちらで咲いている。ヒオウギもあちらこちらで咲き出した。

というわけで今晩深夜に車で出発します。モンゴルでの情報をお楽しみに、というより私が一番楽しみにしていたのだった。

追記
孫は今日からというか土曜日から幼稚園は夏休み。今日もお魚さん捕りに大忙し。3時頃亀をまた捕まえてきたといって写真に撮った。今度はしばらく飼っても小さいから飼い易いかな。大きい方は近所の子らとまた逃がしてきたみたい。いつかは亀は逃がしてあげたい。それにしても貴重な国産の石亀。

CIMG1520.jpg

先日東京の清澄庭園にいた亀はほとんど外来種だった。中には雑種化しているのもたくさんいた。夜店などで売られていたミドリ亀を飼えなくなって逃がしたのが国産石亀を駆逐して大繁殖したようだ。
ブラックバスやリス、植物など外来種が幅をきかせているが、タニシもジャンボタニシとか数え上げればきりがない。恐るべし外来種。
posted by 雲渓 at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。