2013年06月01日

早いもので6月になっていました

大好きな私の誕生月が終わり早いもので6月になっていた。

浜松クリエートで恒例の浜松美術協会展に出かけて日本画家竹内雅明さんの素晴らしい作品を拝見してきた。浮き出てくるような不思議な桜の絵だった。5月21日は南区の画廊「紫苑」でこれも恒例の絵画、書、ガラス工芸展にて鑑賞してきた。栗原幸彦さんの日本画が市場価額より随分お値打ちだったので思わず手に入れた。
27日は浜松駅そばの遠鉄百貨店新館の大絵画展に出かけて無料にて素晴らしい有名作家の絵を鑑賞してきた。名前が有名というだけで目の玉が飛び出るくらいの値段がつけられていて、とても私のようなものには手が届かないと実感した。主催者の業者さんや会場を提供している百貨店へのマージンがすごいのでしょう。

遠鉄百貨店新館へはバスに乗って出かけた。浜松でバスに乗るのも久しぶりでパスをかざして乗るのも初めてでちょっとドギマギした。娘のいる三郷では東京へ出るときなどスイカでJRも地下鉄も利用しているが浜松では初めての体験。また遠鉄百貨店新館が出来て何年経つか知らないが入るのは初めて。家内居ればきっと出かけることも多かったはずだが今の私ではあまり用事がない。

遠鉄百貨店新館8階から見た浜松駅周辺
CIMG0854.jpg

絵画展では写真を撮れないので入口だけパチリ。
CIMG0855.jpg

5月は毎週山へ行っていたが30日の定休日は雨時々曇と天気予報では言っていたので畑に出て農作業。たまたま種子島から安納芋の苗が届いたので畝作りの準備は出来ていたので植えた。
031.jpg
安納芋(あんのんいも)の苗を30本、畝が余ったので東金時(あずまきんとき)の苗を買ってきて15本植えた。
別の苗床に種を蒔いていたのが植えどきになったので、前の日はピーナッツ(落花生)、例年のようにかんぴょうも二畝植えた。春菊が綺麗なのでついつい抜かずにいる。
027.jpg025.jpg

藍とツルムラサキは種がこぼれて自然に目が出る。

きゅうり、なす、とまと、ニガウリはもうだいぶ前に植えたので大きくなってきている。

花の種も蒔いてだいぶ経つので移植した。
007.jpg

孫が蒔いたヘチマが大きくなってきたので店の前に植えた。

リサイクル業者が来て冷蔵庫3個、TV3個、洗濯機など息子と出したり、いっぺんにいろいろやりすぎて
腰が痛くなってしまった。困った困った。リサイクル料2万円ほど払って引き取ってもらった。来てもらったので楽チンだけどそれでも家から出すのに重い思いをしたから腰にきたのだろう。それとプランターなども重いのをいくつか移動したし。

001.jpgトカゲの交尾
こんなのは初めて見る。我が家の駐車場にて。動画も録ったけど失敗だった。残念。

いま我が家では5種類ほどの紫陽花が咲いている。
CIMG0837.jpgアマリリス
017.jpgCIMG0843.jpg

私は俳句同人誌「羅」の同人だが77号に私の俳句がホームページに掲載されていると主宰者が知らせてくれた。過日、大戦の忘れ物、アメリカ軍の艦砲射撃の不発弾が見つかって大掛かりな除去作業が行われた時のことを俳句に詠んだ。私は終戦の次の年に生まれて随分年月が過ぎたが、いつまでもこういうことで大戦をわすれようとしても忘れることが出来ないようなのだ。
http://www.ranokai.jp/works.html

近況報告でした。


タグ:美術館巡り
【関連する記事】
posted by 雲渓 at 16:05| Comment(0) | 美術鑑賞と近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。