2012年05月17日

伊勢参り

【夫婦で登る百名山ブログ】が容量満タンになったため《雲渓の花と山旅》と言う新しいブログに移りました。

【夫婦で登る百名山ブログ】http://hyakumeizan2345.seesaa.net/?1253153145
【HP夫婦で登る百名山】http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/index.html



今日は伊良湖岬から鳥羽まで伊勢湾フェリーに乗ってお伊勢参りをした。

土曜日から風邪を引いて喉が痛くて仕方が無い。おまけに咳もひどくてベッドで一人苦しんでいる状態だった。でも何とかのどの痛みも和らいで咳も昨日までとはだいぶ楽になってきた。

伊勢は一度天気が悪化すると陸の孤島になるので、よほど天気の状態を見て出かけないととんでもない経験をする。ある時泊りがけで伊勢志摩に旅行した時、遠くにあったはずの台風が突然勢力を強めてやってきた。伊勢志摩は雨量も相当なもので松坂方面への国道などが土砂崩れで通行止めになり、フェリーももちろん航行不能。あの時は本当に困って道は簡単には直らないから、フェリーが運航できるまで待って何とか家にたどり着いた苦い経験がある。

今日は車をフェリー発着場に置いて身一つで乗船し、鳥羽から公共交通機関を利用するという計画。
朝一番のフェリーは8時10分発。それに合わせて家を出て30分前に到着したから余裕を持てた。国一から国42号を走る。この道は良くネズミ捕りをするから通るときは絶対無理はしない。昔は追い越し禁止も平気でやっていたため危うく捕まりそうになったことも一度や二度ではない。
CIMG7687.JPG
CIMG7688.JPG
徒歩の私が一番乗りだから車の何もないフェリー内は始めて見る

鳥羽に到着したら案内嬢が伊勢神宮なら乗り放題のフリーパスのバスがあるからそれを買ったらどうかと勧めてくれた。三重交通の周遊バスや路線バスも使えるらしい。料金は1000円。安くて嬉しくなった。
そして鳥羽から伊勢内宮行きが出ているので先ずそれに乗って内宮まで行った。30〜40分ほど乗ったかしら。内宮前に到着。ほぼ満員の乗客と内宮に向かう。

DSCF2842.JPG橋から見える五十鈴川

DSCF2843.JPG
綺麗な五十鈴川で身も心も清めることが出来る御手洗い場

新緑と何処と無く新鮮な空気、厳かな雰囲気に身も引き締まる。やっぱり日本人なんだなあと思う。これまで二度来たが家内とはとうとう一度も来なかった。こればかりは不思議だ。

死んで神様の一員になったと思うので神棚を買ってお祭りをしたのだが、やはり天照大神様のお札もお祭りしなければ始まらないだろうと来たのだ。お坊さんに拝んでもらわないから仏様になったわけでもなし、実の所私もどうしたら良いのかわからないので勝手に考えてこのようにした。人間はやはり偶像崇拝をしなければよりどころがないのだろうか。いやそれは私だけなのだろうか。

先に死んでしまった貴巳代が安らかに天国で幸せになって欲しいのと、私たち家族を見守って欲しいという勝手な思いからといえば身も蓋も無いが。やはり毎日手を合わせる場所が欲しいものだ。そこから貴巳代との独り言の会話も生まれるし。全く年寄りの男やもめはしょうがないものだ。

それと5/15日に66才の誕生日を迎えたのだが、65歳という年は私にとって最悪の年といわなければならない。震災の余波や家内の死、そのほかいろいろあった65歳だった。それと決別して新しい生まれ変わりの私たちを祈願するという事も兼ねてである。

DSCF2845.JPG内宮の本殿(奥に本格的な宮がある。)

DSCF2849.JPG来年遷宮する場所

お払い横丁
DSCF2859.JPGDSCF2861.JPG

途中左に曲がるとおかげ横丁がある。そこからバス停まですぐ。

お札とご朱印を購入。内宮が終わってバスで外宮へ移動。
外宮の手水場DSCF2863.JPG

DSCF2865.JPG外宮の本殿

内宮より気持ち参拝客は少ないかな。外宮の門前で伊勢うどんを食べた。何度か食べてはいるが何度食べても不思議なうどんだ。

伊勢神宮といえばやはり赤福餅を買わねば。という事でお土産をゲット。
以前売れ残ったのをどうかして売っていたというのがばれて可愛そうだったが、今の日本は賞味期限とか消費期限があって、人はそれだけを頼りに判断して期日が来たら法律の下に全て捨てている。世界では満足に食べる事も出来ない人たちが大勢居るのに全く罰当たりな事だ。

食べられるかそうでないかは自分の五感で判断して決めればよいものを、何時から日本人は自分で判断が出来なくなってしまったのだろう。冷蔵庫で傷んだら仕方ないからすてる、それまでは買いすぎないで買ったらどんどん食べる。まだ充分食べれるのに期限が来たのは消費者はどんどん捨てるという事なのだ。お店も期限が近づいたら捨てるか安く売ってるらしい。赤福ももったいないから日付をごまかさないで安く売ったらよかったのに。

全部まわってお参りを済ませバスでフェリー乗り場まで戻る。出発2分前だった。危うくセーフ。
とまあ順調に伊勢参りは済んだ。

帰りに恋路が浜の見える国道沿いに車を停めて撮影。
DSCF2874.JPGDSCF2876.JPGDSCF2877.JPG

しばらく行くと日出の石門という名所で車を止め下まで下りた。何度か伊良湖岬まで来ているのに下りて見た事はなかった。なかなかの景勝地だ。
DSCF2883.JPGDSCF2886.JPGDSCF2893.JPG
DSCF2884.JPGハマヒルガオ
DSCF2896t.JPGハマエンドウ

DSCF2899.JPG島崎藤村の椰子の実の石碑

そして無事に家まで帰り着いた。

posted by 雲渓 at 21:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。