2013年02月25日

少しだけ春便り

毎日寒い日が続いています。昨日北日本は観測以来最大級の寒波らしく青森なども凄い積雪でした。浜松も昨日は台風並みの空っ風でした。娘が新幹線で土日(昨日、一昨日)忙しいので手伝いに来てくれましたが、浜松で育ったはずの彼女も埼玉に比べてあまりにも凄い風で驚いていました。

そのような毎日寒い日が続いていますが日差しは何処となく春の気配がしてきました。それに誘われるように花たちも少しだけ春の気配です。

昨日お客さんにいただいたフリーズドライフラワーのブーケと言うのでしょうかいただきました。なかなか手が込んでいます。玄関に飾らせていただきました。
CIMG9793.JPGCIMG9794t.JPG
敷いている敷物もそのお客さんの手作りです。お座敷の床の間にも2枚敷いています。

CIMG9795.JPG
元従業員のkさんにいただいたお雛様。もう何年か前にいただいていますが、毎年飾らしてもらっています。彼女の手作りです。彼女も手先が器用でいろいろ手作りのものをいただいています。同じように色々作ることが好きだった家内とよく気が合っていました。

CIMG9797.JPGDSC02081t.JPGDSC02095.JPG
白梅がチラホラ咲いてきました。昨年の台風で痛めつけられて今年は花が少ないです。この白梅はやはりKさんに植木鉢の寄せ植えをいただいて、店の前に植え替えたら軒に届くほど大きく育ちました。

紅梅は枯れてしまいました。昨年家内の病室に飾ったのが最後になりました。また買ってきて植えようと思います。

マンサクも盛りが過ぎてきました。
DSC02089.JPGDSC02092.JPG

水仙はまだまだ元気です。黄水仙も咲いています。
水仙は花持ちが良くて香りも良いので、家内の神棚や先祖の仏壇に飾らせてもらっています。
DSC02101.JPGDSC02102.JPG

リュウキンカが一輪咲いていました。最初少しだった花が種が散って沢山増えたのでこれから楽しみです。DSC02106t.JPG

DSC02111t.JPG
ホトケノザがあちらこちらで咲き出しました。そういえばもう土筆も探せば芽を出しているかも。

明日から三日間何時ものエクシブの仲間と伊豆と箱根へ行ってきます。天気が心配だけどこれも運ですね。
河津桜も見たいけど今年は寒さで大幅に遅れているようです。今3〜4分咲きのようです。














posted by 雲渓 at 20:52| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

院展と油彩画家平野友紀さんの個展

今日は定休日。
秋ごろから最近平日は9時から3時まであることでなかなかパソコンから離れにくくて山に随分行っていない。
と言うことで3時過ぎて院展が地元のクリエイトで開催されているので出かけた。また浜松の油彩画家でミクシーのマイミクさんである平野友紀さんの個展がクリエイトの近くのホテルコンコルドで開催されているので見に出かけた。

院展が浜松で開催されているので間近に見る事が出来るのは大変ありがたい。
屏風ほどの大きさや300号もある日本画を間近で見ると大迫力で圧倒される。最近は若い画家さんも多いから個性豊かな作品が目に付く。写真に撮れないから図録集を買ったので家に帰って独断と偏見で私好みの作品をいくつか載せて見るけど、やはり図録で写真だととても伝える事が出来ない。

田淵俊夫さんの「木の間」
木の幹の檜の皮がとても繊細に描かれてまわりの木々との調和が素晴らしくてさすが田淵俊夫さんだけある素晴らしい作品
CIMG9771.JPG

松村公嗣さんの「紫禁城」
霧の晴れ間から紫禁城の甍が大画面に丁寧に描かれて大迫力で圧倒される。一昨年家内と紫禁城を丘から見下ろしたあの光景がよみがえる。
CIMG9773.JPG

清水由朗さんの「煙波」
外国の船の絵だけどこれも緻密に描かれ何処となく歴史がよみがえるような雰囲気が伝わる
CIMG9774.JPG

小田野尚之さんの「饗」
あたり一面緑の光景の中に今にも電車の響きが伝わるような錯覚をする。大きな画面いっぱいに木々が手抜きなく描かれ圧倒される。実際にその場面に居るような錯覚にとらわれる。素晴らしい作品で一番私のお気に入り。家内と展覧会に来るとお互いの一番好きな絵はどれか見終わったら言い合うのだけど一人だと誰とも話し相手が居ない。そんな一人で居る時にこのような光景に出会うこともありそうな日本画だ。
CIMG9775.JPG

番場三雄さんの「タルチョ舞う中で」
厳しい大自然の中にヤクであろうか、集団で現れたところを描いた大迫力の絵。ヤクの細かい所が丁寧に描かれこれも大迫力で迫ってくる。これも家内とネパールに行った時に4000mのヒマラヤの高地でヤクの行き交う場面を何度も見た光景が思い出されて感慨深い。
CIMG9778.JPG

せっかくの素晴らしい作品だけど、図録から写真にとってお見せするしかないので、お近くで院展があったら是非機会があったらお見逃しなくご覧になってください。

そのあとホテルコンコルドへ行き平野友紀さんの油彩画展へ行った。平野友紀さんはミクシーのマイミクで浜松の方なので今まで何度か作品展に出かけて拝見している。この方の作品は独特な色使いで個性溢れた作品が多い。ひと目で友紀さんの絵と分かるのではないだろうか。それでも今回は以前拝見した時より一味違う印象を受けた。今までは私の店では飾るのに合わないかもと思っていたが、今日の作品は和室の我が家でも合いそうだ。
CIMG9763.JPGCIMG9764.JPGCIMG9765.JPGCIMG9767.JPG
花の絵や海、空など独特なタッチで色彩豊かに描かれて心の内面に伝わるような油彩画だ。

ところで日もすこしずつ高くなって春ももうすぐといったところ。我が家では山茶花やロウバイに替わって水仙が今真っ盛り。我が家には5種類ほどの水仙があるが一番ポピュラーなのが咲いている。
CIMG9750.JPG

そして真っ先に咲くところからマンサクと言われるようになったと言うマンサクも今満開だ。でもなんとも地味な花で家内が生きていたときには剪定がてら生け花にしたものだ。
CIMG9755.JPGCIMG9756.JPG

土日の忙しい時は小6の孫娘はご飯にありつけないと自分でさっさとお菓子などを作って食べるから面白い。
先日はサブレとケーキを作っていた。サブレは鳩サブレも負けるほどの出来栄えだった。
将来はケーキ屋さんになるなどと言ったりしている。でもある時は習字の先生になるなどと言ったりもする。
果たしてどんな大人になってくれるか。
CIMG9747.JPG

こんな近況報告。









posted by 雲渓 at 20:32| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。