2012年12月29日

お正月モードへ

いよいよもう二つ寝るとお正月です。

と言う事で今日は息子がしめ縄飾り、私が正月用の絵画の展示替えとお花のお正月モードに替えました。
(喪のお宅はしめ縄やお飾りはしないというらしいですが、我が家はお店ですので一応しめ縄や鏡餅などの飾り付は例年通りいたしました。)

玄関には
CIMG9506.JPG
亡き家内が生前作ってくれた正月用の造花です。

白い布を染めて作っています。

玄関入ったところには
CIMG9503.JPG
これも家内が作ってくれた造花です

カウンターには
CIMG9498.JPGこれは買ったカトレアです

CIMG9500.JPG家内が作った正月用の造花

一階のお座敷には小倉遊亀の『佳器』を飾りました。
お花はこれも全て造花ですが一部購入したものがありますがほとんど家内が作りました。
水仙、梅、牡丹、千両、ゼラニウムは家内が作り、極楽鳥花は購入したものです。
CIMG9512.JPGCIMG9513.JPG

写真を撮ったあとに、先日天竜の「楽、館」(らくてんかん)に鑑賞に行った折に購入予約した絵を、ギャラリーのオーナーで描かれた佐々木雅弘さんが展示が終わったので届けてくれました。遠いところからわざわざ届けてくれて恐縮しました。
早速我が家の美術品の仲間入りしたので飾りました。
CIMG9522.JPGCIMG9523.JPGCIMG9526.JPG

一階の6畳の小部屋には椿の造花を飾りました。これも家内が作ったものです。
CIMG9516.JPG

二階のお座敷にはやはり家内が作った福寿草と購入したカトレアを飾りました。
CIMG9519.JPGCIMG9521.JPG

今までは家内が元気でしたので全ての部屋は生花を活けてもらっていましたが、亡くなって家内が作ってくれた造花が日の目を見ることが出来ました。
きっと天国で喜んでくれていることでしょう。

お正月は目が回るくらい予約が入っていますので今からとても緊張しています。
と言う訳で今年のブログは今日が最後です。
皆様この一年ご愛読いただきましてありがとうございました。

おかげ様で私のブログ「雲渓の独り言」がカテゴリー26万分の1000番程に入っています。全ての140万ブログの中でも4万位から10万位以内に入っています。皆様に愛読されていると思うと本当に嬉しいし感謝します。
また「夫婦で登る百名山ブログ」はカテゴリー18万中800位から1000位以内に入っています。140万ブログ中では3万位程に入っております。今年は11月初めに登山をして以来一度も登らなかったにもかかわらず多くの方に愛読されて本当に感謝致します。HPの方はブログに比べると読まれる方は少ないです。やはりブログの方が読みやすいのでしょうか。

今年は喪に服しておりますので年賀状は控えさしていただきますが、私たちも来年良い年でありたいと願います。
この一年本当にありがとうございました。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。




posted by 雲渓 at 23:00| Comment(0) | 趣味の手作り品いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

クリスマスと我が家の花

今日はクリスマス。早いものであっという間にお正月ですね。

TVもいよいよ年末特番が多くなってきました。
今朝のニュースで12歳の中学2年生男子が来年の歌会始に入選されたとかで、インタビューで物怖じしない立派な受け答えをしていました。このまま育ってくれれば将来有望な歌人になりそうです。

私たち句会の先生も、来年の全国NHK俳句大会に見事4度目の特選に選ばれました。長崎から東京に行って全国大会の会場の壇上に上がられます。一度でも特選に選ばれるなんて大変な事なのに4度も選ばれる事は初めてではないでしょうか。もう80歳を越えて高齢ながら素晴らしい俳句を作られ若さがみなぎっております。

平清盛も最終回が終わりました。義経や源氏がスポットを浴びる事が多いですが、清盛の生い立ちから始まり何故そこまで登りつめたのかなど知らないことばかりでした。大変素晴らしい作品だったと思います。回りの取り巻きの役者さんも見事な演出でした。

昨日ある古本屋さんのお話が早朝放送されていました。定休日には手書きのイラスト入りのポスターを毎週貼られそれが話題になって個展が開かれていました。それを見た来場者は思わず涙する場面もありました。
この方も90歳に近いぐらいの高齢者で愛する古本屋を守り続けています。何年か前奥さんを亡くされ、こんな寂しくなるなら最初からいないほうが良かったなどと仰っていましたが、私と通じる所があってもらい泣きをしてしまいました。長年連れ添った連れ合いを亡くすという事がどれほど辛い事か体験してみなければ分かりません。

我が家の冬の花などを写真に撮りました。

何年か前原発がある浜岡に行った時に、砂丘の公園の椿が綺麗で、落ちている種を拾って植えたらようやく花が咲きました。八重椿です
CIMG9451.JPG

浜茄子の葉が綺麗に紅葉しました
CIMG9458t.JPGCIMG9459t.JPG

名残のコスモス
CIMG9473.JPG

胡蝶の舞の花があちらこちらで咲いています。
CIMG9474.JPG
 
店の前のローバイもチラホラ咲き出しました。切花にして神棚と仏壇に活けています。とても香りが良いです。
CIMG9476.JPG

南側の二本の山茶花は台風で葉が全滅しましたが蕾は健在でだいぶ咲いています。
CIMG9477.JPG

北側駐車場の隣地との境の山茶花は葉も花も健在です
CIMG9467t.JPG

南の庭の万両。白と赤があちらこちらで勝手に増えて咲いております。
CIMG9484.JPG
CIMG9479.JPG
畑の菊芋が50kgほど出荷できました。まだだいぶ残っています。ありがたいことです。

昨日のイブは嫁と孫娘の手作りケーキと料理で盛り上がりました。それに花を添えたのがツリーです。朝だとさえませんね。
CIMG9496.JPG

と我が家の近況。久しぶりのブログです。







posted by 雲渓 at 11:30| Comment(1) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

NHKBSプレミアム日本縦断こころ旅

今週こそ山に登るぞと意気込んでみたものの、結局毎日家に居て仕事をしながらのんびり過ごしました。

連ちゃんで娘が遠い埼玉から新幹線で手伝いに来てくれていましたが、今週は私が山に登りがてら車で送って行こうと張り切っていました。息子に許可を貰う為にそのように言ったら快い返事ではなかったので変だなと思っていました。予定表を見たらしっかり予約が平日でも入っていました。最近は息子達にまかせっきりで予定は息子の指示で私は動くだけ。凄く良い身分になって居ります。

なかなか山にいけなくてうずうずしていました。そしてカテーテルの手術をしなくて済んだので山に行けるぞと喜び勇んでいました。と言うことで行けなくなって娘も新幹線で帰ってもらいました。

帰った娘の言う事には「お父さん!山にいかなくてよかったよ。こちらの山は凄い雪だよ」
なるほどあちらこちらで吹雪いて遭難騒ぎ。私の目指した山もきっと寒波で大変だった事でしょう。

南アルプスの仙丈ケ岳では浜松の兄弟が遭難して亡くなりました。我が家から近くの方です。心からお悔やみ申し上げます。

俳句のお仲間と先生にも、編集を携わっている私は山に行くということで締め切りをのばしていただいていましたが、心配をおかけしました。事情をお話したら皆さんに安心していただきました。

NHKこころ旅

話は変わりますがNHKBSプレミアムで「日本縦断こころ旅」が毎日放送されているのをご存知の方も多いと思います。日野正平さんが自転車で全国を縦断されている番組です。茶目っ気のある正平さんが必死に自転車を漕いで頑張って姿に心打たれます。
その正平さん一行がとうとう私の生まれ故郷大分県佐賀関町にやって来ました。
http://www.nhk.or.jp/kokorotabi-blog/400/140512.html#comment

佐賀関を中学1年まで過ごして静岡県に引越ししてきましたが、子供の頃毎日のように日航佐賀関の大煙突を眺めて過ごしました。新婚旅行には私の故郷を知ってほしいのと、祖父母に家内を逢わせたくて佐賀関に行きました。
その時の41年前の写真をアルバムからはがしてスキャンして載せました。
佐賀関新婚旅行302 1.jpg今は亡き家内と祖父母

佐賀関新婚旅行302 2.jpg大煙突を背景に私と家内

佐賀関新婚旅行302 3.jpg大煙突を背景に家内と祖父

佐賀関新婚旅行302 4.jpg佐賀関漁港と家内

嬉しくてつい一昨日と今日、応援メッセージを投稿しました。
以前も北海道の野付半島にやってきた時に、家内との思い出深い地なのでこのブログに載せたことがあるので覚えている方もおいでかも。
日曜日に全てが放送されます。楽しみです。是非皆さんもご覧になってください。
posted by 雲渓 at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。