2012年04月28日

信州花巡り

【夫婦で登る百名山ブログ】が容量満タンになったため《雲渓の花と山旅》と言う新しいブログに移りました。

【夫婦で登る百名山ブログ】http://hyakumeizan2345.seesaa.net/?1253153145
【HP夫婦で登る百名山】http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/index.html



昨年の今頃家内がまだ少しは元気だった時信州へ行ったきり一度も行ってないので、ぼろ家ながら、いやぼろ家だからこそ、どうかなっていないか気になって一人で出かけた。

平日は息子達に任せて5日間思い切り滞在するつもりだったが、月曜日は急遽予約が入ったので4/24(火)から4/27(金)まで行ってきた。

一日目(4/24)

夜目覚めたら3時だったので、おおよそは準備が整っていたので冷やして持っていくのだけ用意して出発。

新東名が出来たおかげで随分走りやすくなったと思ったけど、三ケ日JCTを過ぎたら結局前と同じ。早く完全に開通してくれないかなあ。

今回は全然予定を立てていないが、園原ICに近づいたので先ずヘブンス園原へ行く事にした。何時からロープウエーが動き出すか案内を見に行ったら9時からなので、駐車場へ着いたときは未だ6時前なので、とりあえず近くにある駒つなぎの桜を見に行った。ところが花は全然咲いていなかった。
CIMG7353.JPG
我が家に今飾られている藤原さんの油彩画のモデルだが、調べてきていないのが祟って残念な事だ。
CIMG7432.JPG藤原さんの油彩画「駒つなぎの桜」

近くに最澄が園原にも来て開いたと言う信濃比叡根本中堂があったので寄った。早朝の気持ちの良い空気の中に大きな最澄の銅像が立っていた。本堂もお参りした。周りは桜から桃から梅から花盛りだった。駒つなぎの桜とは種類が違うのかしら。
CIMG7358.JPG

ヘブンス園原の駐車場で時間が来るまで軽い朝食を摂ったり本を読んで待った。
9時に近づいたら従業員が先ずぞろぞろ、それから観光客もぞろぞろ集まりだした。切符を買って一番乗りに乗って空中散歩。定員12人のゴンドラだけどグループごとに乗せてくれて私は一人だから独り占め。平日ならではの事だ。15分以上結構のりでがあった。真正面に南アルプスが見え絶景のポイント。秋だったらもっとはっきりして良いが多少春霞で残念だ。

リフトを乗り継いで展望台へ。冬はスキーで賑わうらしい。残雪がある。
CIMG7367.JPG

展望台についたらここから富士見台まで1時間半で行けるらしい。恵那山に登った時に反対側に聳えていた山だ。1時間ほど歩いた所でまた目眩がしたのであと少しなのに残念ながらUターン。無理はしないことに決めた。

そこまでも尾根上を歩く見晴しの良いコースでパノラマコースと案内にあった。その頂上で休憩した。
御嶽山と手前が富士見台DSCF2745h.JPG
DSCF2731h.JPG中央アルプスDSCF2722.JPGDSCF2748.JPG恵那山CIMG7364.JPG

そして展望台に戻る。またリフトで花園へ。DSCF2700.JPG黄色の水芭蕉DSCF2711.JPGザゼンソウDSCF2753.JPGDSCF2761.JPGDSCF2769.JPG水芭蕉の群落
水芭蕉は片道1kmほど歩いた所にあった。
DSCF2752.JPG途中の池
他にも野草の森があったけどカタクリやオーレン、イワウチワは少し咲いていたけど未だ早過ぎたみたい。
案内パンフではもっとすごいようだ。
DSCF2772t.JPGイワウチワ


山は登る予定は無かったのに習性でつい登りたくなる。
帰りに昼神温泉の看板の前の花が綺麗だったので撮った。
DSCF2785.JPG

3時には家に着いた。心配だったけど一年間一度も来ていなかったがまあまあなんとも無かった。
周りは桜が満開で気分も明るくなる。
CIMG7410.JPG我が家の桜
CIMG7387.JPG

CIMG7373.JPG我が家の真ん中の畑の畦に咲く水仙
CIMG7370t.JPGまだチラホラ福寿草も咲いていた。

朝食も昼食も簡単だったので早めに夕飯にしてビールも飲んで、寝不足なので眠りについた。
CIMG7417.JPG
一人でも貴巳代の写真を枕元に置いて寝るから全然寂しくないよーー。

二日目

今日は高遠の桜見物にしよう
勝間の桜への道端のつくし
DSCF2795.JPG

DSCF2802.JPG
勝間の桜。あいからず見事で綺麗だ。今我が家に、日本画家の竹内さんの勝間の桜が飾ってあるがそのモデルの木。
CIMG7434h.JPG「勝間の桜」

駐車場近くの公園にて
CIMG7395.JPG

そしてまたまた予定していなかった山に登った。
DSCF2807.JPG五郎山山頂。信玄の銅像がある。
近くの五郎山と白山へ。
以前にもHPに掲載しているから詳しくは
http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/2009nen_sankou/4_16_gorou_hakusan/4_16_gorou_hakusan.html
白山は高遠の桜を上から見れるので最近登る人もぼちぼち増えてきた。
前回は桜が終わりかけていたので今一だったが今回は見事に咲き誇っている。DSCF2808.JPGDSCF2817.JPG高遠湖

DSCF2814.JPG町全体が花盛り。

案内書にあった伊那の春日公園にも行った。
http://www.youtube.com/my_videos_edit?ns=1&video_id=t6Al-fZGPRg

DSCF2823.JPGDSCF2826.JPGDSCF2830.JPGDSCF2831.JPG桜吹雪が見事だった。

ここで一休みの昼食。出店のローメンなるものをいただいた。相席にお邪魔してご年配のお母さんと息子さんらしい方といろいろ話が弾んだ。ローメンの話やここの桜は色が白っぽいなどなど。地元の人だからいろいろご存知で楽しかった。

案内書に高遠の温泉が載っていたので入った。「さくらの湯」というアルカリの強い温泉でぬるぬるして温泉に入ってるっと言う感じ。CIMG7406.JPGCIMG7405.JPG露天風呂
さくら吹雪がお湯の中に浮かんで嬉しくなる。

三日目
今日は雨の予想通り一日雨で部屋やローカの拭き掃除を頑張った。
二日間良く寝たので読書としゃれ込んだが標高が高いので(1050m)寒くて厚着をした。

最終日は松本まで出て帰路へ着いた。朝は未だ雨だったが帰る頃には晴れて中央道のSAでは南や中央アルプスも覗いた。
CIMG7421.JPGCIMG7418t.JPG

家では藤が咲いて、ハマナスも咲いていた。
CIMG7346.JPG
4日間のんびり出来て家族に感謝は言うまでも無い。

昨夜ブログを書いて今朝花の写真を撮ったので掲載します。
CIMG7425.JPG
お隣のフェンスに寄りかかって咲いている浜茄子
CIMG7428.JPG
スイトピーがプランター4鉢に咲き出したので店の前に置き換えます。
CIMG7429.JPGCIMG7430.JPGコデマリも咲き出しました。

私が植えている鉢植えの花はほとんど挿し木か種から育てているのが自慢です。



































posted by 雲渓 at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

明神山無念の撤退

【夫婦で登る百名山ブログ】が容量満タンになったため《雲渓の花と山旅》と言う新しいブログに移りました。

【夫婦で登る百名山ブログ】http://hyakumeizan2345.seesaa.net/?1253153145
【HP夫婦で登る百名山】http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/index.html



今日は開通した第二東名を走ってみようと言う事で、それではついでに奥三河の山に登ろうと出かけた。

浜北ICから第二東名に入り、引佐JCTから最近開通した三遠南信道へ入れば奥三河へ行ける筈だ。
家を6時45分に出て浜北ICまでどれぐらい掛かるか、東名とどれほど違いがあるかと思ったけど、カーナビが第二東名を認識していないのでICの侵入口がわからず随分時間のロスをしてしまった。

広くて快適な真新しい高速道路にルンルン気分。車の数も少ない。浜松ナンバーはどうしても東名を走るのだろう。
浜松SAに入った。ここもピカピカの施設。朝まだ早いから駐車場はガラガラで、中も人が少ない。CIMG7256.JPGCIMG7259.JPGCIMG7260.JPG

第二東名から引佐JCTへ、そして三遠南信道に入りいくつかのトンネルを通って名号と言う最終地点へ吐き出された。そこは三河河合駅の近くで昔良く登った乳岩の登山口がある。何処の山に登るか全然あても無く来たから乳岩も簡単だけどよいかなと登山口へ向かった。乳岩は私たちが山に登り始めの原点と言ってよいような山で懐かしかった。しかしもう20年ほど経つから駐車場が何処かわからず、とうとう宇連ダムまで来てしまった。CIMG7261.JPG宇連ダム

仕方ないから引き返してR151に戻り北上する。
途中道路沿いの民家に大きなモクレンの木がありいっぱい花を咲かせていたので、車を停めて写真撮影をする。あまりに見事なモクレンだ。CIMG7264.JPGCIMG7266.JPGCIMG7268.JPG

またしばらく行くと三瀬明神山の標識が目に入る。ここも随分昔二人で登った山だ。奥三河の山はほとんど登っている。登山を本格的にやり始めて足腰を鍛えてもらった懐かしい山々だ。
この山は鎖や梯子があってかなり厳しい山だったはずだ。即決定。

最初は植林の檜林を登りそのうち急登の厳しいのぼりが続く。次第に息も荒くなってくる。岩登りに近いような山だ。昔はなんでもなかったような思い出があるが、年のせいかはたまた2年ほどのブランクのせいか。
一昨年の東北登山まで連日登ってもなんとも無かったこの身体。いまはきつくておまけに目眩を何度もしてしまった。約2時間で6合目に到着した所で無理はやめて引き返すことにした。

いままでの登山歴で引き返したことなどあったかしら。CIMG7273.JPGCIMG7277t.JPG
登る時は気がつかなかった辛夷の花とたぶんアカヤシオの花。どちらもようやく咲きだしたようだ。CIMG7282.JPGCIMG7284.JPGクロモジの花

CIMG7289t.JPGCIMG7294.JPGCIMG7295.JPGニリンソウ(花が一つしかないが葉はニリンソウの葉)

CIMG7300.JPGCIMG7301.JPG三瀬集落の民家のしだれ桜

CIMG7308.JPG川岸のレンギョウ

R151沿いのお店で食べたざるそば定食800円。お値打ちで美味しかった。
CIMG7309.JPGCIMG7310.JPGCIMG7311t.JPGCIMG7313.JPG
奥三河は今が春真っ盛り。到るところで桜、桃など花盛りだった。

登山は残念だったが収穫の多い一日だった。
奥三河は1時ごろから雨が降り出したのできっと明神山では雨に打たれていたと思う。結果オーライ。
帰りも三遠南信道から第二東名に入り浜松SAに寄ったけど近くの駐車場は満車だった。外れた所は空きがあったが寄らずに本線に出て浜北ICで降りた。
行きはICの進入口がわからなかったので帰りにしっかり確認した。家まで30分掛かった。という事は東名浜松ICより15分時間がかかるだけだから、東京方面に行く時は良いかも。


















posted by 雲渓 at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

我が家の花と畑

【夫婦で登る百名山ブログ】が容量満タンになったため《雲渓の花と山旅》と言う新しいブログに移りました。

【夫婦で登る百名山ブログ】http://hyakumeizan2345.seesaa.net/?1253153145
【HP夫婦で登る百名山】http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/index.html



昨年になりますが日清食品からカップヌードルのご飯バージョンが出たことは週刊誌などで話題になりました。何でも新しいものに飛びつく癖の私は早速試してみました。あれから家内のことなどがあって山に遠ざかっていましてしばらく忘れていましたが、これを山などに持って行けたら良いのになと思っておりました。

と言うのも説明を読むと電子レンジでチンをする為のものなので、山では使えないのではないかと思いました。そこで物は試しとチンチンのお湯を注いではどうだろうかと言う事で試してみたのでした。CIMG7230.JPGCIMG7233.JPG
そしたら美味しく食べれる事がわかりました。という事でテント泊などには軽くて美味しくてばっちりではないかと思いました。皆さんも山への携行にいかがでしょうか。ガスバーナーや水などはテント泊には必需品なのでこれも携行する事をお勧めします。

話は変わりますが一昨日から今日まで私は閑を見つけては畑仕事をしております。

草ネギ、パセリ、ニラの植え替え、菊芋の作付け、ショウガ、にんにくの植え付け、オクラ、夕顔の種まきなど着々とこなしています。
CIMG7242n.JPG

冬の間ほうれん草が平年よりかなり寒いながらも収穫してはいただきましたし、野沢菜の漬物も楽しめました。今は高菜が収穫時期になってきました。子供の頃九州では祖母が植えては高菜漬けを作ってくれました。あの味が忘れられず私も挑戦しましたら何とか大きく育ってくれています。
CIMG7243.JPG

そして寒さでどうなるかと心配だった絹さややえんどう豆も成長してきました。CIMG7244.JPGCIMG7246.JPGCIMG7247t.JPGCIMG7251.JPGエジプトの豆の花

春菊は大きくなる前にトウが立ってしまいました。玉ねぎはまあまあです。

空いている所は薩摩芋を植えるためにとってあります。

    Mさんがくれたボタンの花CIMG7236.JPGCIMG7239.JPGCIMG7240.JPG


        今花盛りの花々

貴巳代の大好きだった山吹の花CIMG7202.JPGCIMG7203.JPGCIMG7204.JPG黄色のラッパ水仙CIMG7206h2.JPGCIMG7206h.JPGハナズオウ
ハナズオウは庭木のほうも咲いているが写真に撮ったら逆光で上手く撮れなかった。CIMG7209.JPGCIMG7208.JPG黄梅
CIMG7215.JPG毎年最後に咲く水仙
CIMG7216.JPGミヤマ霧島ツツジの園芸種CIMG7222h.JPGシャガ

と春は花が多くて幸せです。もちろん貴巳代も見てくれていることでしょう。
もう直ぐハマナスも蕾が付いて来ているから楽しみです。












posted by 雲渓 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。